ホーム 植物工場物語 水耕栽培のフロントランナー...

水耕栽培のフロントランナー

2843
0

株式会社M 式水耕研究所

会長 村井邦彦

伊勢湾台風が残した水耕栽培へのヒント

私は愛知県の弥富市で農家の長男として生まれました。この地域は、今からちょうど50 年前の伊勢湾台風(注:5000 人近くが亡くなり、戦後最大の被害を出したとされる台風)で、大きな被害を受けました。私は当時まだ高校生で、台風による大洪水で自分が海抜マイナス3 mのところに住んでいたことに初めて気づかされ、また、「生きる」というテーマを突きつけられました。そして、これからどうやって生きていこう、ということを考えたのです。

現場では、ほとんど死の世界の中、浮き草が多く浮いていました。そのとき、ふと「なぜこんなに浮き草は元気なのだろう?」と疑問に思ったのです。そして、後に水耕栽培を手がけるきっかけとなった3 つのことに気づきました。1 つ目は、浮き草が水だけで生きている。つまりは水耕であるということです。2 つ目は、浮き草を取り上げると根が付いていたこと。そして3 つ目は、浮き草は動くということ。農業といえば不動産ですが、浮き草は動産なのです。

このときの経験がもとになって、水耕栽培というものに取り組もうと考えました。浮き草が、私に水耕栽培の可能性を教えてくれたわけです。

 

計画生産への移行

それからテストを積み重ねて、「水耕で野菜を育てる」ことについて研究しました。最初の頃の栽培システムは、水を流すだけの非常に簡単なしくみで野菜をつくるというものでした。30 mくらいの棚に100 本のトマトを植えてみると、ちょうど水が落ちる場所に植えてあったものが10 本くらい、非常に元気よく育っていました。そこで、「根に酸素が必要」という気づきを得たのです(1-2-(3) にて解説)。そこから始まって、それでは1000 m2 でも2000 m2 でも同じように根に酸素を届けるにはどうしたらよいか、1 つ1 つのコンテナに届くトーナメント式のような配管を考えたり、浮き草に倣って発泡スチロールで植物を浮かせる方法を思いついたりしました。10 年くらい試行錯誤し、最後に「農業は工業ではないか」という発想へたどり着きました。

酸素をしっかり届ければちゃんと生産できるということがわかったので、年間の回転率や歩留まりにも着目し始めました。そして、もう1つテーマにしたのが「精密」ということでした。農業は、自然にとても左右されます。自然の恵みとはいいますが、恵みでは他力本願となりますので、私は農業に計画性を加えることができないかなと思いました。水耕栽培において、年間の回転率や歩留まりを考えるようになり、投資効果を見出すようになったのです。25 年前、私は渋谷の西武百貨店の屋上でPR していました。当時は、水耕栽培でお金を儲ける高額所得農家も出てきたくらいです。

 

水耕栽培から植物工場へ

その後、植物工場という話題が出てきました。植物工場の基本には水耕栽培というものがあります。この間、高辻先生(注:日本における植物工場研究の先駆者の1 人、現・財団法人社会開発研究センター理事 植物工場・農商工専門委員会委員長)と会って、「そういえば35年前にやり始めましたね」という話をしました。キユーピーさんも一緒になって盛り上げてくれました。ただ、植物工場という世界で儲かったという話は聞きませんでした。話題にはなるが経営にはならないという状況だったのです。その一方で、研究目的で取り組む方は結構いらっしゃいました。

商業目的の最初の事例は、千葉県で建設した8 階建ての植物工場でした。現在の最大規模の植物工場は、去年からやっている全10,800 m2の12 階建てのもので、京都の株式会社スプレッドさんが取り組んでいます。ここの水耕部門は私どもで担当させていただきました。それから、注目されたものとしては株式会社パソナさんが、東京都内の地下で栽培していました(現在はパソナ新社屋へ移設)。ここでは稲もつくっており、オープン時には当時の竹中平蔵大臣、小泉純一郎首相も見学に来ました。

プラントの形態にもさまざまあり、浮かせるものと、溝になっていて水を流すだけのものがあります。逆さまにトマトを育てている省力方法もあります。上でトマト、下で葉菜を育て、トマトからの水分蒸散を使った「植物クーラー」という方法もあります。ハンギングといって、トマトを逆さまにして、バリアフリーで育成できるタイプもあります。植物工場も、水耕栽培の事例の1 つなのです。壁面栽培、タンスのように引き出すかたちなど、さまざまな場所に合わせたシステムを開発しています。

 

植物工場の可能性

水耕栽培が植物工場の技術の1 つとして話題になってきました。それでもこれまでは、まだテスト的な段階で、私たちとしても研究目的もあり事業に取り組んできました。しかしここへ来て植物工場が話題になり、人々の関心が集まってきました。その価値が理解されるようになれば、さらに発展する可能性が出てくると考えています。

では、どういう可能性があるのか。それは、私は「魅せる」ということでないかと思います。店という場所では、「魅せる」ということがビジネスの原点であるので、今回のサブウェイさんの事例(第4 章にて後述、店産店消というコンセプトを打ち出し、店舗内に植物工場施設を置いたモデルを東京デザイナーズウィーク2009 にて展示)は今の時代にマッチしていて、昔の植物工場から大きく進化したと思います。

植物工場での栽培に関しては、いろいろなところで多くの資料が出ています。回転率、安心安全、洗わないで食べられるなどのメリットが知られています。今までの農業とは違うということです。土で行う農業に微生物はつきものです。土壌菌というものは危険もありますし、非常に扱いが難しいという面もあります。循環型の自然農法といったものも、堆肥をつくるという大変な作業があります。できた野菜がその努力に見合うだけの価値があればよいですが、そのわりには高い評価はされません。衛生面から見ても、自然農法でつくった野菜には菌がたくさんついています。

植物工場の野菜は生でそのまま食べることができます。そして、店の中で野菜を育ててその野菜を使うということは、鮮度という点でパーフェクトではないかなと思います。

さらに、鮮度に加えて機能性も要求されてきます。たとえば、ワクチンを生成する野菜などを植物工場でつくり、そのまま食べて接種できたりしたらいいなと思っています。農業という世界が、食を通じた健康面での新しい価値を発信できればと考えています。人類にとって役立つ食料をつくる必要があり、それを実現するのが植物工場ではないでしょうか。人類のために、ただ農業しているのではなく命を育てていくのだ、という気概を持って進めていこうと思います。

 

植物と対話する

植物も生き物であり、人間と同じで「人を見ている」のだと私は感じています。植物と50 年間過ごしてきて思うのは、植物は数字合わせでつくるというものではなく、生きているため状況は刻々と変化しているということです。そう考えると、植物工場を通して、対話をするように植物を育てていくことで、とてもよい作物ができていくのではないかと思います。「もの」として作物を捉えることもできますが、私は、「本物」という時代をみんなに魅せたいと考えています。将来を担う子どもたちにも、五感を通して本物を見せたい。根を見せることで根のある話をしたいです。生きているものの、味、香り、食感、色などといったものを五感を通して感じるという、子どもたちが忘れかけていることを伝えたいと思っています。

もう1 つ、都会の農業を考えています。建築と農業ということを考えると、都会にはビルがたくさん立っていて、その中に人間はいるけれど生命感を感じることが少ないと感じています。そんな中で、本当に生命というものが元気にやっていけるでしょうか。自然の恵みを求めるあまり、自然を奪うようになってしまったのではないかと思います。それを考えると、都会の中で生きていくためには、ビルの中に野菜があるというスタイルが考えられます。そして、野菜だけではなく酸素もつくる。残渣はエネルギーに換えて循環型の社会にしていくということも考えられるのではないでしょうか。このまま社会が繁栄していけばよいのですが、少子高齢化が進んでくると、必要のないビルが増えてきます。ビルの寿命は100 年といわれているので、空いたビルを植物工場として使うのもよいのではないでしょうか(4-1-(1) にて解説)。都会の人たちにビル農業で勉強してもらうのです。これから、農家がつくった食料に頼るのが難しくなってくるのではないかと思います。農家は6 割以上が60 歳以上で、若い人は農家になりません。その理由として、儲からないから、ということもいわれます。まず視点を変えないと、経営学は生まれません。経営のためには、やはりマーケティングが必要です。一方、企業はマーケティングという考え方はありますが、生き物を扱うノウハウはありません。その意味で、今立ち上がっている国のプロジェクトは(2-3-(3) にて解説)、本当の意味でのバランスがとれた取り組みだと思います。農業も大切だということがわかってもらえます。どんな人でも朝昼晩と食事をしている。もちろん、世界的な食料不足という問題もあります。そのときに、自然を耕すというと、滅びの世界になってしまいます。食料も他人に頼るのではなく、自分の手でつくるということになれば、この植物工場はとても発展するのではないかと思います。

 

M式水耕が取り組む「魅せる」農業

1 つのアイデアとして、メガフロートではないですが、海を使えばいいと思います。そのような技術革新が起きてくると、農業による環境負荷はより減ってくると思います。水耕栽培は自然を破壊する産業ではありません。自然を守るためにこの植物工場、水耕栽培をやっていますし、もっとみんなの命を育てるビジネスをしていきたいと考えています。そのためには「魅せる」ことが大事で、隠していては決して発展しません。そのために、私たちの栽培方法を、子どもたちにも、老人たちにも見せています。そういうことが重要だと思っています。植物工場のような高度な技術に関しては、コンピューターで数値データをとってしっかりシステム管理をすればいいと思います。そしてコンピューターだけでなく、その植物を見て、好きになることが大事です。そうすることでうまくいくようになると、自信を持って言えます。うまく育たないのは、愛情がないからだと思っています。技術的なことだけでは言えない、植物を「見て」言えることがあると思います。その経験を得るには3 年くらいかかりますが。

また、LED など新しい技術に関しては、これからまだ発展する要素が十分あります。私どもはほとんど蛍光灯でやっていましたが、アグロイノベーションという幕張メッセでの展示会では、LED を使った植物工場を展示しています。まさに、植物工場の時代が来たかなと感じています。今、食育という観点で、根の付いた野菜を届ける「活菜生活」を始めています。キッチンが畑になって、そのまま食べられるのです。一時期、活魚というのが流行りましたが、活きた野菜を飾って、収穫して食べることを生活になじませていきたいと考えています。キッチンファームハーベストなど、レストランにも結構提供しています。レストランの中に畑があって、客がハサミでとって食べるようなイタリアンレストランや、焼き肉屋さんの事例もあります。

また、セルフファームという農園をつくっていて、「活菜生活」を持って帰るイベントを毎週やっています。植物の根を見ることが、それを手に取ったお客様の感動を呼び、再び来園していただいています。これからは、あまり大きくない、小さな野菜「ミニ活菜」に注目していこうと思っています。苗としても使えるし、そのまま食べても栄養があります。

私たちは、これからの農法を伝える、「アグリバイオカルチャーセンター」を2010 年に設立します。手のひらをデザインした施設で、アートと農業が融合したこの場所で、地域活性と食育に取り組みたいと考えています。農業が生命を育てるという文化の足がかりにしたい。植物工場の可能性は無限です。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here