ホーム 植物工場物語 2 環境の調節システム

2 環境の調節システム

1573
0

植物工場の歴史は、どのように始まったのでしょうか。本章では、植物工場に利用される技術とともに、これまでの、そしてこれからの研究の取り組みを見ていきます。これまで世界で進められていた取り組みから、日本の研究者がその可能性に着目し、施設園芸の研究者、企業がそれに続いて技術が充実してきたという流れがあります。技術とその流れを見ることで、植物工場について多くを理解することができます。冒頭では、千葉大学大学院園芸学研究科の後藤英司教授よりうかがった、現在の植物工場についての解説を掲載します。

前の記事はじめに
次の記事3 ビジネスモデルは成り立つか
塚田 周平/Shuhei Tsukada 執行役員 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻修了 博士(農学) 上級バイオ技術者 【専門分野】農学、分子生物学、土壌微生物学 設立初期よりリバネスの運営に参加。教育・研修事業、各種ライティングに関する実践を学んだ後、アグリ分野の先進技術開発・導入、地域創業エコシステム構築事業の立ち上げを行う。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here