ホーム ニュース 代表の丸が2011中国(成...

代表の丸が2011中国(成都)首届国際有機産業サミットで講演しました

1204
0

遅ればせながらご報告です。弊社代表の丸が、中国の成都で行われる「2011中国(成都)首届国際有機産業サミット」で講演しました。

——————————————————————————-

中国第4の都市、成都において、11月17日から19日の日程で開催された「OTUC Summit 2011」は、中国の有機農業における史上初の国際規模のサミットであり,国内外の農業関係者、有機農業関連企業、政府関係者、NPO団体が集い、有機農業に関する討論、意見交流や商談が行われました。

このサミットにおいて、11月17日(木) 14:00~15:30で開催されたセッションにおいて、弊社代表の丸が講演を行いました。

ファシリデーター:庄祖宜さん(女性・料理専門家)
講演者:
①「食品安全のグローバルな動き」(Ms. Cristina/IFOAM首席食品安全主任)
②「有機農業のビジネスモデル」(Mr. Louis-Antoine/Escoffier総調理長兼アジア及び中
国秘書長)
③「現地の飲食活動」(Mr. Marty Mesh/アメリカ有機生産者協会執行理事)
④「欧州の有機市場」(Mr. Adelbert Nelissen/欧州正食協会)
⑤「植物工場を使った世界初のビジネスモデル」(丸幸弘/株式会社リバネス)

当フォーラムでは、リバネスが開発してきた植物工場の技術とそれを使った外食産業の新たなビジネスモデルについて、講演を行いました。
今後、リバネスでは、外食大国である中国において、レストランやカフェへの導入やそれを使った広報や教育活動を広げていく予定です。また、「安全・安心」をキーワードに家庭内での普及も目指しています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here