ホーム ニュース すみだ野菜スイーツがすみだ...

すみだ野菜スイーツがすみだモダン2016に認証されました

235
0
シェア

アグリガレージ研究所は、墨田区の植物工場でつくられた野菜を「すみだ野菜」とし、関連する野菜生産ユニット開発・販売や野菜の生産・加工を通じて区内の新産業創出と商店街活性化を進めています。

この度、すみだ野菜粉末を使ったお菓子「すみだ野菜スイーツ」を油田カフェと共同ですみだモダン2016の商品部門に申請、書類審査、審査会を経て、本日3月17日にすみだモダンに認証されました。

すみだ野菜スイーツは、3月17日より以下の場所で販売およびサンプルの展示が行われますので、皆様お近くにお越しの際にはぜひ足をお運び下さい。

今後も、アグリガレージ研究所では、「すみだ野菜」を使い、区内の新産業創出や商店街活性化を進めてまいります。野菜の生産に興味のある方、野菜や野菜粉末を使ってみたい方は、ぜひお問い合わせ下さい。

 

関連情報
すみだモダン2016発表展示会
3月18日(土)・19日(日)午前9時半から午後5時半まで
すみだ北斎美術館1階 MARUGEN100(講座室)」(墨田区亀沢2-7-2)※入場無料。ただし、美術館への入館は観覧料がかかります。

すみだモダン2016認証商品の販売
3月17日(金)~
「すみだ まち処」(墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5階)

すみだモダン2016認証商品及び飲食店メニューパネルの展示
3月20日(月)~
「すみだ産業会館」(墨田区江東橋3-9-10)8階
8階:すみだモダン認証商品パネル
9階:すみだモダン認証商品(食品)・飲食店メニューパネルの展示

シェア
前の記事中村修二氏(ノーベル賞受賞)が共同設立したSORAA社等、 4社共同での新型植物工場システムの開発を開始
宮内 陽介/Yosuke Miyauchi 地域開発事業部/アグリガレージ研究所 所長 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻修了 博士(農学) 大学の修士、博士課程では、「中国乾燥地におけるダイズの多収栽培技術開発」という研究課題のもと、新疆ウイグル自治区に赴き現地の中国人研究者ともに栽培技術の確立を行った。現在は、自身の研究経験を活かし、全国の小中高校生と宇宙ダイズの比較栽培研究や国産の超強力コムギゆめちからを中学校・高校のプランターで行う研究を行っている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here