ホーム ニュース リバネス、墨田区にアグリガ...

リバネス、墨田区にアグリガレージ研究所を設立

147
0
シェア

2016年4月15日、株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 丸 幸弘、以下リバネス)は、藻類や植物など、すべての生物の源となる生産者の機能や特性、可能性や有効性について研究し、同時に農林水産と食品加工に資する実学的研究開発の拠点となる研究所、「アグリガレージ研究所」を墨田区にて設立しました。
本研究所は、リバネスが運営する知識創業研究センター(I2K)の農業技術研究所、 環境生態学研究所および生物工学研究所の研究のうち、藻類、植物、農業技術、食品化学、食品工学分野の研究を数珠状につなぎ、生物や食品の新たな可能性を探索するために新たに設立された研究所です。
今後、多くのパートナー企業、大学、研究機関などと共に研究を進め、環境や人々の健康、生活に活かされる研究を実践して参りたいと思います。なお、本研究所では、培ってきたノウハウをもとに企業や大学、研究機関の研究に関するコンサルティングと受託サービスも行っています。詳細は以下の連絡先までお問い合わせください。

連絡先

株式会社リバネス アグリガレージ研究所担当  TEL:03-5227-4198(代)

Webからのお問い合わせはこちら

シェア
前の記事リバネス、農業× ICT×流通ベンチャー ファームシップに出資
次の記事墨田区で唯一生産可能な野菜「すみだ野菜」ブランドを開始します。
宮内 陽介/Yosuke Miyauchi 地域開発事業部 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻修了 博士(農学) 大学の修士、博士課程では、「中国乾燥地におけるダイズの多収栽培技術開発」という研究課題のもと、新疆ウイグル自治区に赴き現地の中国人研究者ともに栽培技術の確立を行った。現在は、自身の研究経験を活かし、全国の小中高校生と宇宙ダイズの比較栽培研究や国産の超強力コムギゆめちからを中学校・高校のプランターで行う研究を行っている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here