ホーム 導入実績 定型サイズ小型ユニット 導入事例:梅酒ダイニング明...

導入事例:梅酒ダイニング明星

926
0
シェア

【ニーズ】

  • 顧客コミュニケーションツールとしての活用

【設置時期】

2011年5月

【特徴】

リバネスとベニックス株式会社で店舗向けのオールインワンの植物工場ユニットを独自開発。
空調設備、コントローラー等を収めたボックス型のユニットで、省スペースのために、
室内に入る際にはスペースを引き出し、通常時はコンパクトに収めることができます。
定期的に野菜について学ぶイベントを設け、お客様と野菜を栽培することでリピーターを確保しています。

【仕様・設置予算】

省スペースが可能なユニット型可動ブースを構築、ブース内に栽培ラックを設置、栽培ラック下にポンプ、コントローラーを内蔵しました。(シンガポール科学技術館と同仕様)
サイズ      : D955×W1,640×H2,262 mm 設置面積 1.57 m2
栽培面積    : 1.46 m2
栽培ラック・段数: 3段×1ラック
光源       : Hf蛍光管
設備       : 照明・ポンプタイマー制御、空調機による温調
可能栽培数(レタス): 5株/週
設置実費予算  :350万円

【店長コメント】

梅酒ダイニング明星では、植物工場をお客さまとのコミュニケーションのツールとして使用しています。また、お客さま自身に種を植えてもらうイベント“菜園時間”を実施し、その成長の様子を楽しんでいただいたり、育った野菜を収穫して食べていただいています。飲食店内に植物工場を入れることで、普通の飲食店ではできないようなコミュニケーションが可能になるので、他店との差別化にはよいと思いますよ。

 

 

 

 


梅酒ダイニング明星のホームページはこちら。

梅酒ダイニング明星飯田橋

シェア
前の記事導入事例:株式会社沖縄計測様
次の記事導入事例:正栄食品工業株式会社様
塚田 周平/Shuhei Tsukada 地域開発事業部 部長 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻修了 博士(農学) 上級バイオ技術者 【専門分野】農学、分子生物学、土壌微生物学 設立初期よりリバネスの運営に参加。教育・研修事業、各種ライティングに関する実践を学んだ後、先端技術を産業化する事業を展開し、地域産業への貢献を目指している。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here